リフォームを考える4つのきっかけ【CASE1】

  • 壁の内部まで被害が及ぶケースも

  • 雨漏りによる被害例

  • サーモグラフィーによる調査

【CASE1】修繕のためのリフォーム

長年暮らしていると避けられないのが経年劣化。
壁紙や水回り、外壁や屋根といったあらゆる部分が劣化していきます。
特に雨漏り、シロアリ、カビの発生といった問題は建物や住む人に大きな被害を与えるもの。
早期発見、早期対処が解決の鍵となります。


◆雨漏りの発生

雨漏りの発生原因は様々ですが、応急処置のまま放置しておくと、必ずいずれ再発します。
対症療法ではなく、根本原因の改善をしていきましょう。
◎ポイント
雨水浸入箇所の特定が難しいケースでも、当社は雨漏り調査専門機関との連携で、特殊機材を用い雨水浸入箇所を高確率で特定。適切な解消方法をご提案いたします。


◆シロアリによる食害

シロアリ被害といっても、その被害が進行形なのか、過去の痕跡なのかによって対処方法が変わります。
よくある床下だけでなく、壁の中や屋根裏に食害が発生しているケースも。
建物に大きな被害を及ぼすものだからこそ、しっかりとした調査と処置が必要になります。
◎ポイント
当社は専門機関と連携しながら、建物や周辺環境の調査を念入りに実施。
そのうえで適切な駆除や予防措置を施していきます。


◆湿気や結露によるカビの発生

窓や壁紙、お風呂に発生したカビは一見無害のように見えますが、常にカビの胞子は空気中を浮遊しています。
その胞子を吸い込むと気管支喘息や肺炎、シックハウス症候群などを引き起こすことも。
お子様がおられる方はもちろんのこと、家族の将来を考えて予防や対策をしましょう。
◎ポイント
窓の結露対策や換気機器の見直し、調湿素材の使用といった対策や工夫でカビの発生を抑止します。

一覧ページに戻る